SBMAの会 球脊髄性筋萎縮症 患者会

文字サイズ

▲ページ先頭へ

ページ最後へ▼

< 胃ろうについて >
[1] HK 2005 6/13(月) 09:57:20
呼吸障害が強いため、咀嚼、嚥下運動による食事時の息切れが激しく、心拍数が100を超えてしまい、食後は疲れきってしまう、と主治医に訴えたところ、「胃ろう」の形成を提案されました。
いかがなものでしょうか?

[2] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2005 6/13(月) 11:52:20
HK様
胃瘻は通常は脳血管障害などで、食事をとると誤嚥してしまい誤嚥性肺炎を起こす方など口から食事が取れない方に、胃から直接皮膚へ達する穴をあけ、管を留置しておきそこから流動食を注入するものです。
手術自体は簡単にできるようですが、場合によって管の周りが荒れたりすることが有ります。
通常は口から管を胃までとおし、そこから流動食をいれて状態を見て、ずっと管から栄養を取るほうが良いという事がはっきりしてから胃瘻を作る事が多いと思いますが、主治医は、あなたの状態を見てそのほうが良いと判断されているのかもしれません。
なお胃瘻を作っても、必要がなくなれば閉鎖するのもあまり大変なことではないと思います。