SBMAの会 球脊髄性筋萎縮症 患者会

文字サイズ

▲ページ先頭へ

ページ最後へ▼

< マウスからの開放 >
[1] PadGam 2007 6/13(水) 08:32:46
左手よりはまだマシとは言っても、右手とて筋力の低下は如何ともし難く、最近はマウスボタンさえも操作が重くなってきた。
おまけに、キーボードからマウスへ右手を移動させるのさえも億劫になった。
そうなってくると、パソコンの操作をマウスなしで行いたくなる。
むろんキーボードショートカットという機能は備わっているので、それに専念すればいいのだが、気持ちの切替えがなかなか。
それでもここ一ヶ月ほどでマニュアルを見なくても何とかマウスなしで操作ができるようになった次第。
ただ、ネットサーフィンだけはこれができない。
ブラウザーの操作は、キーボードだけでできるが、サイトのコンテンツにキーボードショートカットが設定されていなければ、どうしようもない。
またたとえそれが設定されていても、ブラウザーがその機能をサポートしているとは限らないという、難しい状況がある。
当分右手指の痙攣から完全開放とはいかないようだ。

[2] うんどう 2007 6/13(水) 22:39:25
PadGamさん、皆さん
皆さんが多くの貴重な経験、知識をPC操作に色々な苦労しながら掲示板に掲載していることに感謝します。
私はまだ「階段手摺使用」になった段階ですがPCは椅子座りがお尻が痛く、マウスのクリックで右人差し指が腱鞘炎状態でPC操作がおっくうになってきています。
まだ元気だった昨年にALS患者向けPCとして以下のPCを見て入力方法は忘れてしまいましたが、いずれは自分も必要かなと思いました。
高価なPCですが補助金が出るそうです。
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/news/20051107/114155/?from=RSS
これ以外でもタッチパネル、音声入力など色々な入力方法ができてくると思いますので「マウスからの開放」の方法はどんどん出てくると思います。