SBMAの会 球脊髄性筋萎縮症 患者会

文字サイズ

▲ページ先頭へ

ページ最後へ▼

< 旅行の障害者対策 >
[1] ほたる 2007 8/ 1(水) 16:41:27
今回、アメリカから日本に帰るのに、アメリカのコンチネンタル航空を利用してNYから成田までフライトしました。
約13時間の飛行時間です。
私は自力で立てないし歩けません。
かなり進行しています。
トイレは少なくとも4回は行かないといけないと覚悟しておりました。
足腰の強い友達に機内でおんぶしてもらいトイレの便座に座らせてもらい、終わったらまた、便座から座席までおんぶしてもらいました。
機内に乗るときには気づかなかったのですが、成田に近づいたときにファーストクラスとビジネスクラスの間に障害者トイレがあるのに気がつきました。
中をみると、アイルチェアー(機内に積んである車椅子)に乗って入れる広さがあり、車椅子から便座にスライディングして移ることができるようになっていました。
フライトアテンダンスに聞くと、私のような自力で立てない歩けない人でも、一人で海外旅行ができると言ってくださいました。
今まで、2―4時間のアメリカの国内線では見たことがありませんでした。
日本の航空会社の長距離国際線にも障害者用トイレはついているのでしょうかね。

[2] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 8/ 2(木) 07:33:27
ほたる様、おはようございます。
検索を架けてみるとこんなHPが有りました。
http://www6.ocn.ne.jp/~toshiaki/tabi0.htm
これからたどると、ANAについては
http://www.ana.co.jp/share/assist/kizai02.html、JALについてはhttp://www.jal.co.jp/jalpri/accessibility.html#lavatoryのようにかなり備えられているようなので、利用する航空会社にお尋ねになるとよいとおもいます。
私も機内にBFトイレがあるとは知りませんでした。
貴重な情報有難うございました。

[3] RON 2007 9/ 2(日) 10:24:12
近々格安ツアーで海外旅行に行く予定ですが、旅行の申し込みの際に、立ち座りや歩行が不安定なため飛行機は通路側の席をリクエストしたいと申し出ましたら、「このツアーはリクエストには一切応じられず障害の程度によっては申し込みそのものを拒絶させてもらう場合もある」とやんわり言われ、さらには杖の形状やサイズまで航空会社に申告しなければならないとしてサイズまで測られてしまいました。
しかしThirdlifeさまに提供していただいた情報を見ると、航空会社側は結構な配慮がされているのだと安心いたしました。
最近では障害が進み、出不精になりがちですが、今以上に社会全体がバリアフリー化されて、ひとりでも気兼ねなく出かけられるようになるとうれしいですね。

[4] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 9/ 3(月) 05:32:23
RON様、おはようございます。
格安ツアーではなかなか航空会社が決まらないケースもあってご心配だと思いますが、各航空会社とも以前よりははるかに障害者サービスが充実していると思います。
もうとっくにご存知かもしれませんが、成田空港のページなどから航空会社のHPがたどれますので、航空会社が決まり次第お問い合わせになると良いとおもいます。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/t_info/index_t1.html
快適なご旅行をお祈りいたしております。
お帰りになりましたらぜひ体験談を聞かせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

[5] ほたる 2007 9/ 4(火) 06:13:51
RON様、
私はアメリカに住んでいます。
全く歩くこともできませんし、自力で車椅子から立ち上がることもできません。
かなり進行してしまった重症組です。
こんな私でさへ8月にアメリカから日本へ旅行することができました。
車椅子の必要な方でしたら、早めにチェックインに行くと、エコノミークラスのチケットでも、長い行列ができていたので、ビジネスクラスのチェックインカウンターに誘導して頂けました。
カウンターで病名と症状を聞かれました。
全く歩行もできないし、自力で車椅子から立ち上がれないとお話しすると座席をビジネスクラスとエコノミークラスの境目のエコノミークラスの座席(前が壁なので足元が広い)の通路側に変更してくださいました。
もちろん、座席が空いていたからですよ。
また、チェックインカウンターから飛行機の搭乗まで、車椅子を押していってくださる係りの方が付いてくださいました。
更に、飛行機の搭乗もプリボーディング(小さなお子様連れなどが始めに搭乗されますよね)扱いで、機内では2人のフライトアテンダンスの方がついてくださり、車椅子からアイルチェアーに乗り移してくださり、座席に座るまで手伝ってくださいました。
降りる時も同様でした。
格安ツアーはどのような扱いになるか知りませんが、航空会社が決まりましたら、格安ツアーを購入前に航空会社に聞いてみるのが一番かと思います。
もし格安ツアーが上のような扱いにならないならとても残念です。
杖の件ですが、以前、まだ、杖を使って歩けたころ、機内に入るとフライトアテンダンスの方が杖を預かってくださいました。
たぶん、スーツやドレスなどをしまうストレージに持っていかれたと思います。
理由は離陸時や着陸時に足元に置いておくのが危険だからと言うことでした。
杖は降りる前に持ってきてくださいました。
ご参考になれば幸いです。

[6] RON 2007 9/ 4(火) 17:50:17
Thirdlifeさまほたるさまこんにちわ
航空会社がJALに決まりましたのでまずは一安心いたしました。
JALならば機内で何かリクエストするにしても言葉の問題も生じませんし。
少し早めにチェックインを行い、座席などの希望を伝えることにいたします。
参考となるご意見ありがとうございました。

[7] RON 2007 9/13(木) 04:54:36
こんばんわ
無事にハワイから戻ってまいりました。
おかげさまで予想以上に快適な旅行となりましたのでご報告させていただきます。
今回は何とか杖で頑張ろうと思っていたのですが、成田空港でのチェックインまでにけっこう空港内を歩いてしまったので、チェックインカウンターの前で足がふらついてしまい、それを見た空港職員が車椅子を勧めてくれましたので甘えることにしました。
飛行機の座席は事前にJALに電話をいれて通路側の席をリクエストしておいたので、希望がかなえられました。
残念ながらバシュネットの前は既に埋まっていたらしく中ほどの席になりましたが4列席のうち私たちの隣は空席になるよう配慮していただけました。
あとは概ね[5]のほたるさまの記述と同様の扱いとなりました。
通路側といいましてもあの狭い座席では体重移動して立ち上がるのが困難なので、なるだけトイレに行かぬよう好きなビールを我慢したのが辛かったです。
次回は頑張って広いビジネスクラスを張り込んでみようかなどと思ったりもしました。
やはりアメリカはバリアフリー化や障害者に対する理解が日本より格段に進んでいるようで、ほたるさまも実感されていることと思いますが、日本とは比べ物にならないほど随所で配慮がなされています。
特に感じたのは乗り物のステップですね。
日本も最近はローステップなど増えてきましたが、あちらではたとえばらせん階段式にして傾斜を緩やかにするなどの工夫がなされたものなど、配慮された車両の比率は日本は遠く及ばないと感じました。
今回は友人の手助けもあってとても楽しい旅行となり、最近体調不良や新たな症状の出現(できないことが増えました)など精神的な落ち込みが激しかったのですが、まだまだこれからもいろいろやってやろうという気持ちが沸いてきました。
必ず快方に向かうという信念を持って色々な可能性に挑戦して行こうと、決意を新たにする有益な旅行となりました。

[8] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 9/16(日) 05:48:01
RON様、おはようございます。
ハワイ旅行楽しんでこられたとの事、ほんとうに良かったですね。
私ももう15年くらい前になりますが北欧4カ国を見てまわったとき、聞いてはいましたが身障者に対する配慮が、さりげなくなされているのに驚きました。
日本でも最近は高速道路のパーキングに身障者用トイレが完備されていますし、ホテルのバリアフリールームもかなり増えてきました。
私は最近長野県の湯田中温泉の「はくら」という旅館をネットで見つけていってきましたが、貸してくれた入浴用の車椅子ごとリフトで温泉に入ることが出来、館内はほぼ完全にバリアフリーになっていて温泉入浴を楽しんできました。
私も旅行好きですので、更に障害者に対する配慮がされることを望んでいます。
RON様の今回のご報告のように情報を共有することで旅が更に楽しくなり、行動の巾が広がると思います。
またご報告を心待ちにしております。

[9] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 9/17(月) 22:28:15
管理人様、皆様へ
近々、家族旅行を計画しております。
私は発症以来約10年、家族サービスもせず只、流れるがまま、自分一人の世界に閉じこもって
生きてきた様な、偏屈者でした。
まだ、でした。
と言えるかどうか判りませんが・・・
ここで心機一転、家族とのふれあいで、絆と愛情を再確認して、失われた10年を少しでも取り戻したいとおもっています。
このスレに参加出来てから、物事に対する考え方が、少しづつ変化している思いがしています。
管理人様、皆様本当にありがとうございます。
今回は、thirdlif様の書き込みにある、温泉地あたりを中心に、岐阜、長野近辺で探してみようと思っています。
帰りましたら、楽しかったと書き込みできるように行って来たいと思います。
では・・・
因みに11月中旬の予定です。

[10] RON 2007 9/18(火) 17:55:42
私は利用したことがありませんが、東京都では身体障害者手帳、愛の手帳等を所持している都内に住む障害者の保養を目的として休養ホーム事業を行なっています。
国内40箇所にある提携施設であれば年間2泊まで6490円の助成があります。
ちなみにThirdlifeさまの行かれた湯田中温泉の「はくら」も指定となっておりましたので、一度利用してみようと思います。
皆様もお住まいの自治体(主に福祉事務所)で各種サービスを確認の上、快適な旅行をお楽しみ下さい。

[11] thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 9/19(水) 11:20:42
RON様、青猫様、おはようございます。
私は横浜なので、東京都のでそのような事業があるのは知りませんでした。
似たような制度がないか早速調べてみたいと思います。
私は「はくら」は楽天で「バリアフリー長野県」で検索しました。
http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/ry_kensaku_room.main?f_no=39135
私は普通の手すり付きの浴槽では手助けなしに浴槽からでるのが大変になり、バリアフリー温泉を探しています。
松本市の浅間温泉のホテル玉ノ湯がバリアフリーの家族風呂があり、食事もおいしく大変よかったです。
http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/jyouhou_page.main?f_teikei=&f_no=7179&f_tscm_flg=&f_tel=&f_nen1=&f_tuki1=&f_hi1=&f_nen2=&f_tuki2=&f_hi2=&f_otona_su=2&f_s1=0&f_s2=0&f_y1=0&f_y2=0&f_y3=0&f_y4=0&f_heya_su=1&f_kin=999999&f_kaiin_no=&f_kaiin_tel=&f_flg=PLAN
車ですと松本から安房トンネルを超えると近い高山グリーンホテルもHPをみると身障者用入浴装置を備えているようです。
ここに泊まったのはだいぶ前で、この装置は私は使ったことはありません。
多少でも青猫様の家族旅行のご参考になれば幸いです。

[12] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 9/19(水) 18:25:17
thirdlife様、RON様、皆様、こんにちは。
情報を寄せて頂き、有難うございます。
残念ながら私の住む県では、東京都の様な
事業はやっていませんでした。
私もやはり、浴槽から一人で出るのは難しい
です。
車椅子のまま浴槽に入れる設備のある温泉が
有る事を知りませんでした。
大変、参考になります。
決まりましたら、報告したいと思います。
有難うございます。

[13] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 10/ 9(火) 21:13:16
thirdlife様、RON様、皆様、こんばんは。
何とか、家族全員の休みを合わせられ、日程、行き先も無事に決まりました。
今回は、10年間の罪滅ぼしとの思いもあり、まだ少しでも動ける内は、と思い河口湖畔のホテルで、10年遡った年齢に家族全員戻って、遊園地、家族風呂で空白を埋めてまいりたいと思っております。
ホテルは、ご紹介頂いたシルバースター制度にて検索してみつけさせて頂きました。
本当に有難う御座いました。

[14] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 10/11(木) 08:37:02
青猫様、RON様、皆様、おはようございます。
青猫様、家族旅行がお決まりになり良かったですね。
楽しんでいらしてください。
差し支えなければあとで旅館や施設などのBF(バリアフリー)の度合いなどご報告頂ければありがたいと思います。
私も「シルバースター制度」は知らないでおりましたので検索をしてみました。
なかなか使えそうなサイトですね。
ただホテルの自己申告のようですので実際にHPなどを当たってみると温泉などは入るのが難しい場合もあるようです。
よくホテルに聞いてみる必要がありそうですね。
良いサイトをご紹介いただいて有難うございました。

[15] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 10/11(木) 21:57:40
thirdlife様、RON様、皆様、こんばんは。
私の子供達は介護関係の仕事に携わって居り、今回の旅行は色々と考える事も有り、家族との触れ合いを主に考えて、室内にはこだわらず、景色や料理、場所を重視して決めましたので、余り皆様の参考になる、とは言いかねるかも知れません。
旅館は、障害者用のバリアフリーの部屋としては一部屋しか無かったのですが、館内の移動は車椅子で殆どはOKとの事で、富士山の良く見える見晴らしを優先してあえて普通の部屋を選びました。
温泉へは、更衣室まで車椅子で行けるようです。
後は、家族に甘えるのもいいのかなと思います。
旅館は湖南荘と言う河口湖南岸にあり、10数年前、最後に出かけた家族旅行も富士山麓だった事が最大の理由です。
http://www.mfi.or.jp/konansou/stypln.htm#801

[16] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 11/11(日) 10:26:05
thirdlife様、RON様、皆様、おはようございます。
昨日、山梨周辺の旅行から帰ってまいりました、天候は最悪だったのですが先ず身近な家族には感謝の念に堪えません、子供達の心の成長振りには日頃自宅では見えないところが見えた気がします。
富士山麓の県道71号線の紅葉並木は本当に見事な美しさでした道に覆いかぶさるように、まるで紅葉のトンネルをくぐっているかのようで、又くぐりぬけたかと思えば見事な雲海が姿を見せ眼下の雲の切れ間からは湖の青々とした姿が見え隠れしていました、私の住む県内ではとても有り得ない絶景に感動を覚えました。
若い頃に何度か行った所では有りますがこのような風景を初めて見ました、これも時期と天候による、ちょっとした奇跡的な出来事かと一人納得しています、【笑】ホテルは数人の介助者が居ないと少し無理かな?と思える施設、設備でした、やはり夫婦二人での旅行となると慎重に宿探しをしないといけないなと実感しました。

[17] JUN 2007 11/11(日) 11:36:15
青猫様
年金の給付の件ではありがとうございました。
火曜日から、妻と二人で、飛騨高山に行ってきます、一泊はバリアフリーの部屋ではないのですが、thirdlife様のコメントにもでてきた。
グリーンホテルに泊まります、車いすのまま入れる入浴装置はまだ必要ないと思って、妻の介助で入れるよう家族風呂を予約しました。
2泊目は家族風呂が無いところで、少し不安があるのですが、写真で見ると全ての浴槽に手すりがついているので何とかなると少し挑戦してみようと思っています。
紅葉も今年は遅くて観られるかどうかをかりませんが、怪我の無いよういってきます。
皆様のようににこれから先、時々旅行に行けたらいいとおもいます、リハビリも兼ねて楽しんできます。
また、帰ったらご報告します。

[18] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 11/12(月) 07:33:53
青猫様、JUN様、おはようございます。
青猫様、最高の家族旅行になり楽しまれたご様子が文面から伝わって来ました。
ほんとうに良かったですね。
宿はBFと言っていても、風呂や家族風呂まで段差があったり、スロープになっていてもかなり急で長く電動車椅子でないと危険だったところ、部屋までは段差はないがレストランまで階段のあるところ、一般の部屋では室内のバスルームにかなり段差があり出入りに苦労するところなどいろいろですから、事前に細かく聞いていかないと結構苦労するときがあります。
バリアフリールームのあるところですとかなり改善されていることが多いですが。
JUN様、飛騨高山にいらっしゃるとの事いいですね。
僕も最近はしばらく行っていませんが大好きな町です。
家族風呂があるホテルですとそこまで階段がなければベストですね。
僕もよく行っていた箱根のホテルで、手すりがありそれまで何とか1人で入れた大浴場で手すりを使っても出るのが難しくなり困ったことがあります。
幸いすいていて女風呂がすぐとなりでしたので、家内に声をかけ助けてもらえたので良かったのですが。
それ以後、初めてのホテルでは下見をしてから何とかなりそうなら入るようにしています。
「30分たっても連絡がないときには男風呂の様子を見にきてくれるように」とでもフロントか奥様に頼んでおくほうが安全かもしれません。
ぜひ楽しんでいらしてください。
ご報告楽しみにしております。

[19] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 11/12(月) 08:01:30
自己レスです。
青猫様も、JUN様もゲストブックで拝見すると僕よりずっとお若いし、症状も軽くていらっしゃるようですね。
書き込んだのは私の経験ですのでお二人には当てはまらないかもしれません。
その時は私の発言は無視してご旅行を楽しんでください。

[20] JUN hzx02321@nifty.ne.jp 2007 11/12(月) 17:15:46
Thirdlife様
いつもお世話になります。
Thirdlife様のお話いつも参考になります。
毎週かよっている。
プールにある温泉は慣れているので、ふつうに入られるのですが、初めての所は不安です。
なるほど、時間を決めて見に来てもらったらいいですね。
私もThirdlife様のようにいつまでも旅行を楽しめたらよいと思います。
体調も経済的にも安定していないとできない事ですね。
今の仕事は大変ですが、できるだけ長く働けるようがんばります。

[21] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 11/12(月) 22:17:54
Thirdlife様、JUN様、皆様へ。
旅先での移動には電動車椅子での移動だったのですが、Thirdlife様の仰るように行楽地でのスロープの傾斜角度には危険な思いを幾度か経験しました、事前に係員の方に確認をして車椅子での移動が出来るとの事だったのですが、上り坂で後輪に重心が架かり過ぎて、コントロール出来なくなった事が幾度かあり、危うくジグザグ走行で脱出する事がありました、もっと自覚して計画や行動をしなくてはいけませんね、障害者としてまだまだ初心者です、これからもThirdlife様はじめ皆様の情報、ご教示にお世話になりたいと思っております。

[22] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 11/14(水) 06:59:45
青猫様、JUN様、皆様、おはようございます。
僕も急坂で前輪が持ち上がりそうになることが良くあります。
その時は上半身を前に倒すようにして重心をなるべく前にかけるようにし、それでも危険そうなときには家内に電動車椅子の後ろを支えて手助けしてもらっています。
たいていのところはそれで何とか乗り切れています。
京都の三千院の急坂や、北海道の芝桜を見に行った時の傾斜のある坂道ではちょっと怖かったですが、後ろでちょっと支えてもらうと何とかなりました。
経験を共有することで行動範囲が広がると思います。
ぜひこれからも情報を共有するようにしましょう。
よろしくお願いいたします。

[23] JUN hzx02321@nifty.ne.jp 2007 11/16(金) 11:53:09
Thirdlife様、青猫様、皆様
高山はBF化が進んでおり、障害者には大変優しい町でした、車椅子の貸し出しもはとんどの施設でしていただけますし、段差もありませんでした。
グリーンホテルは設備、サービス共に最高で、とても親切に対応していただき何不自由なく過ごせました。
家族風呂もBF化されており、檜の露天風呂で介助なしで入浴できました。
大浴場にも挑戦しましたが、入り口にお世話してくてれる方がおられたので、浴槽から上げていただき助かりました。
ただ、すごく寒く前の日は雪がっふたそうです。
紅葉の盛りは過ぎて、少し残っているぐらいでした。
冬以外の高山旅行はおすすめです。
Tirdlife様のアドバイスがとてもためになりありごとうございました。
おっしゃるとおり最近BF化が進んでおり、家族や夫婦など付き添ってくれる方さえいれば、
旅を満喫できると実感しました。
皆様もよい旅をお楽しみください。

[24] 青猫 tqhxm@fuga.ocn.ne.jp 2007 11/16(金) 22:37:35
JUN様、THIRDLIFE様、皆様へ
JUN様、THIRDLIFE様の高山での楽しいひと時を想像するに私も来年の春には行ってみたいと思っている処です。
山並みを、又雲海が見られる季節を選んで行きたいと思います。
皆様、高山での絶景ポイント、季節など有りましたらご教示頂けないでしょうか?

[25] JUN hzx02321@nifty.ne.jp 2007 11/17(土) 17:07:10
青猫様
高山の春でしたら桜の咲いている時がいいようです。
桜の名所があるようです。

[26] Thirdlife thirdlife21@yahoo.co.jp 2007 11/26(月) 08:14:34
青猫様、JUN様、皆様おはようございます。
高山は桜の頃は川に沿って桜が咲き橋の上からの桜がなかなか見事でした。
高山は町そのものがこじんまりした小京都で、町そのもののたたずまいが好きな町です。
むかし元気な頃は春や秋の高山祭りの頃何度か行きましたが、非常に混むのでその時期は避けたほうが得策かも知れません。
町そのものの見所はネットで検索されるとたくさんヒットしますし、案内書などにも詳しく出ています。
お時間があって車でいらっしゃるなら、ちょっと足を伸ばすと古民家の残る白川郷、五箇所村もそう遠くなかったと思います。
時期によっては乗鞍岳や上高地も悪くないと思いますが、今はどちらも規制がありタクシーかバスに乗り換えないといかれなくなってしまいました。
これも時期によりますが、新穂高ロープウェイも車椅子で利用可能なようです。
いくつも見所が有りますから、ご興味によってゆっくり過ごされるのも良し、いろいろ巡られるのも良しと言うところだと思います。