SBMAの会 球脊髄性筋萎縮症 患者会

文字サイズ

▲ページ先頭へ

ページ最後へ▼

< 大腸癌手術の経験 >
[611][thirdlife] [thirdlife21@yahoo.co.jp] [2010-08-27 13:52:31]
今年の夏、大腸癌の開腹手術を受けました。皆さんにも何かで手術を受けることになった際、多少なりとも参考になる点があるかも知れないと思い、簡単にご報告しておこうと思います。
今年の7月下血があり、すぐに近所の消化器外科のクリニックで検査してもらいました。胃と大腸の内視鏡検査を一緒にやってもらいました。上部消化管では胃の横隔膜ヘルニアと逆流性食道炎以外には大きな異常はありませんでしたが、直腸上部にやや大きなポリープがありこれは良性でしたがS状結腸に癌がありなるべく早く手術の必要があるとのことでした。僕も自分が手術を受けるならこの先生にと決めていた手術の非常に上手な外科部長がいらしてので、その先生に紹介状を書いてもらい外来受診しました。
そこでは腹腔鏡手術も数多くやっており、侵襲が少ないから始めはその方法での手術にほぼ決まっていました。CTをとったとき皮下脂肪でなく内臓脂肪が一杯と言うことがわかり、かえって開腹手術のほうが安全と言うことがわかり8月4日入院、8月5日大腸内視鏡検査の時に内視鏡的にポリープを取り8月6日全身麻酔下でS状結腸癌手術、基本的には8月15日退院と決まりました。後述するように麻酔の遷延があり、ガスのでが遅くなりましたが予定通り退院出来ました。横浜市や近郊の方のためちょっと病院も紹介しておきます。
http://www.tobu.saiseikai.or.jp/patient/04_03.html
・・・続く