SBMAの会 球脊髄性筋萎縮症 患者会

文字サイズ

▲ページ先頭へ

ページ最後へ▼

< 8年間使ったキーボードとお別れ >
[723][うんどう] [] [2010-12-29 10:04:02]
みなさん、こんにちわ
私は最近iPADを使用しています、PCのマウスを使用するだけでも人差指の関節が痛くなりましたがiPadのようなタッチパネルなら触るだけなので楽です。
残念ながら入力するは使い難く、この投稿もPCでやっています。
一方、即時に立ち上がるのでWebやメールを見る分には非常に便利で、簡単なメモや記録をとる時にも重宝しています。
iPADは少し重いですが、最近は色々なタブレット端末が出てきていて膝の上で使えるので便利です。

[695][PadGam] [] [2010-11-03 10:50:41]
管理人さん、こんにちは。
やはり、症状の進行でいろいろ工夫が必要になりますね。
先日お別れしたキーボードですが、実は指の振戦が激しかったころに、ホームポジションに置いた指が勝手にキーを打ってしまうのを防ぐために選んだものなのです。だからある程度の力とストロークが必要だったのですが、これが最近になって仇になったしまったというわけです。
私なんかは、IT環境なしでは一日も暮らせませんが、反面ITにかける経費は最小限にしたい。ですからOSもWindowsは8年前からほとんど使わずLINUXを使っています。今使ってるのは雑誌の付録のCD-ROMからインストールしたものです。古いパソコンでも安定して動いてくれるので助かります。それに機能が限定されていて、勉強と工夫次第でマウス操作は殆ど不要になります。とにかくマウスボタンを重いと感じる昨今ですから。

[692][管理人] [administrator@sbma.jp] [2010-10-29 20:45:06]
PadGamさん
こんにちは
こういうのって愛着があるんですよね。
私は昔からキーを押した時にペキペキするキーボードが好きで長く使っていましたが、小指でEnterキーが押せなくなってから、キータッチの軽いものに変えました。
最初はすごく違和感がありましたが、直に慣れてきました。
それから最近、マウスのホイールボタンを左右に倒すことが出来なくなりました(Windowsです)
右手の人差し指の力が無くなったんですね。
いろいろ工夫が必要です。

[686][PadGam] [] [2010-10-26 16:15:02]
パソコン本体は、部品とOSを交換しつつ9年間にわたって何とか生き延びて来ましたが、キーボードが使えなくなりました。いえ、キーボードが壊れたわけではなく、私の指の力がキーを押し切れなくなったという始末です。
このキーボードもキートップの文字が擦り切れて消えてしまうくらい使い込んだので、別れるのが辛いのですが、リターンスプリングとストロークに手指が応じ切れなくなって、入力したはずの文字が入っていないことが多発。痩せ細った指を見れば納得するしかありません。泣く泣く交換です。
今度のキーボードは、ノートパソコンのそれと同じ構造のもの。キーは軽く、ストロークも短いので今の私にぴったりの感じです。さて、このキーボードを何年使いつづけられるか。